ソフトボール成年男子で3位入賞した福井県チーム=3日、愛媛県八幡浜市の王子の森スタジム

 第72回国民体育大会「2017愛顔つなぐえひめ国体」は3日、愛媛県内を中心に競技が行われ、福井県勢のソフトボール成年男子は準決勝で敗れたが3位に入賞した。

 準決勝の相手は、東日本リーグ所属のホンダエンジニアリングの単独チームで、昨年覇者の栃木。福井は相手主戦に無安打無得点を許し、ほろ苦い3位となった。

 福井の先発嶋田智希(道守高職)は切れのある速球とコントロールの良さを武器に上々の立ち上がりだったが、四回に捕まった。無死満塁から中前打で先制を許すと、その後に満塁弾を浴びるなど7失点。嶋田は「インコースを攻めきれなかった」と悔やんだ。

 結局、得点を許したのはこの四回だけ。牛若祐喜監督は「ここ一番の好機にたたみかけてくる集中力は見習いたい」と勝者をたたえた。

 ただ、準々決勝では福井も少ないチャンスをものにして日本代表選手を有する東京を撃破した。投手陣3人の継投で「全国で戦える手応えを得られた」(牛若監督)ことも大きい。

 村上章平主将(福井信用金庫)は「国体でチームは成長できた。強豪相手にどうチャンスをつくり、得点に結びつけていくか。また明日から全員で頑張る」と誓った。

ソフトボール
7イニングで行われる。7回終了時同点の場合は、8回から「タイブレーカー」。「タ…
ソフトボール
関連記事
あわせて読みたい