斉木武志氏

 希望の党の衆院選第1次公認候補が3日決まり、福井県関係では、2区の斉木武志氏(43)が公認された。1区の野田富久氏(70)の公認は見送られた。

 2人とも民進党員で、民進党県連によると「希望の党公認と同時に党籍を正式に離れることになる」としている。

 斉木氏は「ようやく政権交代を目指せる集団ができた。福井は保守王国と言われるが、既得権保守ではなく現実的な改革保守政党ができたというのは大きな選択肢になる」と期待感を示した。

 一方の野田氏は第2次公認を待ちたいとしている。

関連記事
あわせて読みたい