【10年前のきょう・2007年10月4日】福井市の県立図書館と福井大付属図書館が四日、相互協力協定を結んだ。両館の蔵書を互いの窓口で借りられることになり、特に一般県民にとってはこれまで縁遠かった学術専門書も利用しやすくなる。

 県内各市町図書館の蔵書を合わせた約四百万冊を一度に検索できる県立図書館の「県内図書館総合目録(横断検索)システム」に同日、同大図書館が加入したことで相互協力が実現した。

 同大は二○○四年から、福井市民や同市内勤務者に限定して付属図書館を開放してきた。今回の協定締結で、同大図書館に出向かなくても県立図書館の窓口で同大図書館の蔵書六十万冊から新たに借りられることになり、同大図書館が一層、県民の身近になる。

 一方、学生らは同大図書館で県立図書館の蔵書九十六万冊から貸し出しなどが受けられる。両館の貸し出し図書は週一回、車で配送するという。

 県立図書館でこの日行われた調印式には、中川英之福井大、桂屋修県立の両図書館長らが出席。中川館長は「福井大の資料が、県民の文化的財産として活用されることを願っています」とあいさつ。桂屋館長は「地域の情報拠点としての機能が向上できる」と述べた。

 今回の協定締結では、貸し出しが両館同士に限られる。両館はこの協定をきっかけに、県内各市町図書館や各大学図書館を網羅した「県総合目録システム」への発展につなげたい考え。遠隔地利用者の利便性向上に向け、各市町図書館で県内全図書館蔵書の貸し出しができるようにすることなどについても「早急に進めたい」(県立図書館)としている。

関連記事
あわせて読みたい