投資の魅力やポイントを語る杉村太蔵さん=1日、福井市の福井商工会議所ビル

 証券投資の未経験者に知識の普及・啓発を図る「投資デビュー応援イベント」が1日、福井市の福井商工会議所ビルであった。投資家としても活躍する元衆院議員でタレントの杉村太蔵さんが講演し「企業の応援団のような気持ちで挑戦して」と呼び掛けた。

 杉村さんは「投資に必要なものは愛と勇気と若干の知識。ただもうけたいという気持ちではなく、投資する企業、経営者、製品を応援したいという思いを持って」と説いた。投資額の目安は「リターンがわくわくできるような額。上限は損してもはらはらしない程度」とした。

 投資先を選ぶこつは「10年後も使われている商品を考えること」。高齢化社会で介護用オムツの需要が伸びると考えた杉村さんは実際に3種類の商品を使い、快適だったものを製造している会社に投資したエピソードを披露した。

 応援イベントは、日本証券業協会が定める10月4日の「証券投資の日」にちなみ、同協会などでつくる「証券知識普及プロジェクト」が主催し、北陸の証券会社20社が共催。約250人が聴講した。

関連記事
あわせて読みたい