なぎなた少年女子演技で3位に入った瀧口麻衣(左)と織田千尋=1日、愛媛県松山市総合コミュニティーセンター体育館

 第72回国民体育大会「2017愛顔つなぐえひめ国体」第2日は1日、なぎなた競技が松山市総合コミュニティセンター体育館で行われ、少年女子演技で福井県の瀧口麻衣・織田千尋組(羽水高)が3位に輝いた。

 瀧口・織田組は初戦の2回戦で、宮城県を相手に落ち着いた演技で5―0で下して好発進。3回戦は今年の全国高校総体(インターハイ)で優勝した強豪奈良県ペアに4―1で勝利。準々決勝で佐賀県に5―0で快勝し4強入りした。準決勝で地元愛媛に屈したが、3位決定戦で大分に勝利した。
 

なぎなた
試合競技は、防具をつけ定められた部位を確実に早く打突して勝負を競う。演技競技は…
なぎなた
関連記事
あわせて読みたい