26日、チリ・サンティアゴの空港に到着された秋篠宮ご夫妻(共同)

 【サンティアゴ共同】日本との国交樹立120周年を迎えた南米チリと国際親善を深めるため、秋篠宮ご夫妻は26日午後(日本時間27日未明)、民間機でチリの首都サンティアゴに到着された。

 この日は宿舎のホテルで、チリに3千人ほどが暮らすとされる日系人の代表者と懇談。

 今回の公式訪問は現地に10月2日まで滞在、日本時間の4日午後に帰国する。

 27日は大統領府で歓迎行事に出席し、バチェレ大統領を表敬訪問。国交樹立120周年の記念式典や大統領夫妻の昼食会に臨む。

関連記事
あわせて読みたい