定期検査中だった関西電力美浜原発1号機(加圧水型軽水炉、出力34万キロワット)は27日午後4時35分、国の最終検査を受けて営業運転を再開した。昨年11月1日に定検入り。原子炉格納容器内のコンクリート壁からの水漏れなどで、当初2月2日を予定していた調整運転開始が8月31日になり、工程は約7カ月遅れた。

関連記事
あわせて読みたい