第139回北信越高校野球福井県大会3位決定戦・北陸―福井工大福井 八回表、追加点のホームに生還した福井工大福井・津野一樹=24日、福井県営球場

 第139回北信越地区高校野球福井県大会最終日は24日、福井県営球場で3位決定戦を行い、福井工大福井が北陸に15―6で打ち勝ち3位となった。

福井工大福井
320 420 040…15
001 011 300…6
北陸

■福井工大福井 武盛智樹―二宮瑠輝斗
■北陸 駒井将生、新谷昇生、番場瑠斗―福本龍太

 福井工大福井は18安打15得点の猛攻。初回、高原侑希が左前打を放ち出塁すると犠打で1死二、三塁と好機を広げ、平澤毅人の先制適時打などで3点を挙げた。二回にも2点を奪い5点差とした。1点返され4点差となった四回には、藤井翼と三浦大優の適時打などで計4点を挙げ試合の流れを渡さなかった。

 先発した武盛智樹は6点を失うも打線の援護を受け力投。粘り強い投球で完投した。

 北陸は8点差で迎えた七回、加藤丈登や丸山凌の適時打などで3点をもぎ取ったが反撃もここまでだった。

関連記事
あわせて読みたい