サッカーの第96回全国高校選手権福井県大会は23日、丸岡スポーツランド(坂井市)で準々決勝4試合を行った。福井ユースリーグ2部でノーシードの敦賀気比が、第3シード啓新を1―0で撃破。選手権県大会で初の4強に進出した。

 ⇒トーナメントはこちら

 第4シード高志は若狭を3―1で下し、1991年の第70回大会以来、26年ぶりのベスト4に名乗りを上げた。

 2回戦で優勝候補丸岡を破った福井工大福井は金津を6―0で圧倒し、2年連続の4強。前回覇者の第2シード北陸は武生工業を5―1で退けた。

 準決勝は10月29日に同会場。第1試合は福井工大福井―高志(午前11時)、第2試合は敦賀気比―北陸(午後1時10分)。決勝は11月5日午後1時5分から、テクノポート福井スタジアム。

関連記事
あわせて読みたい