放鳥され大空を舞うトキ=22日午前、新潟県佐渡市(環境省提供)

 環境省は22日、新潟県佐渡市の佐渡トキ保護センターで、国の特別天然記念物トキ19羽を野生に放鳥した。2008年以降、通算で17回目。

 環境省によると、午前6時ごろに鳥舎のケージを開放。同10時半ごろまでに全羽が飛び立った。19羽は同センターのほか、いしかわ動物園や出雲市トキ分散飼育センターなどで生まれた雄14羽と雌5羽で、1〜4歳。

 環境省の若松徹首席自然保護官は「冬が来る前にうまく野生環境に適合し、来季の繁殖に参加してほしい」と話した。

 佐渡市では今年、野生下で繁殖したトキのひな77羽の巣立ちが確認され、放鳥開始以降で最多だった。

関連記事
あわせて読みたい