北信越地区高校野球福井県大会の見どころ

 第139回北信越地区高校野球福井県大会第9日は23日、福井県営球場で準決勝2試合を行う。

 第1試合、初の同大会4強と北信越大会出場を決めた金津が、シード北陸と対戦する。

 金津は準々決勝の啓新戦で2度先行されても追いつく粘りを発揮。長打力を持つメンバーがそろった打線に勢いがある。対する北陸は、3試合連続2桁安打で準決勝に駒を進めてきていて、自慢の打線は好調。失点を最小限に抑えるか―。両チームの投手陣が試合の鍵を握る。

 第2試合は福井工大福井と坂井が激突する。福井工大福井は準々決勝で“ライバル”敦賀気比をコールドで撃破。先発武盛智樹は強力打線を相手に被安打3、チームは投打ともに勢いに乗る。

 坂井も準々決勝では一挙8点を奪う猛攻を見せコールド勝ち。夏の甲子園に出場し自信を深めたナインは「坂井らしいプレー」で決勝進出を狙う。

■第9日の日程

▽福井県営球場
北陸―金津(午前10時)
福井工大福井―坂井(午後0時半)

※時間はいずれも開始予定

■福井新聞D刊で全打席速報

 福井新聞社は、北信越地区高校野球福井県大会の全試合、全打席を電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で速報する。

 会員登録が必要。D刊の速報サイト「fast」単独のプランでも閲覧できる。ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。

関連記事
あわせて読みたい