川沿いの斜面に咲き誇るヒガンバナ=20日、福井県越前市

 福井県越前市上太田町を流れる吉野瀬川の岸辺で、ヒガンバナが見頃を迎えている。川沿いのあちこちで赤いかれんな花を咲かせ、行き交う人の目を楽しませている。

 近くの住民によると、この1週間ほどで茎が伸び、開花が進んだという。上太田町では毎年、ヒガンバナの時季に合わせ護岸の雑草を刈っており、今年は今月3日に実施した。穏やかな陽光に照らされきらきらと光る川面と、真っ赤なじゅうたんを敷いたような花の“競演”が、秋らしい景観をつくり出している。

 彼岸の入りの20日は、川沿いの遊歩道で花を眺める近所の人や写真愛好家の姿が見られた。同市新保町の西保育園の園児たちも散歩に訪れ、石谷樹希ちゃん(4)は「(花の形が)花火みたいできれい」と目を細めていた。

 花は10月中旬まで楽しめる。

 
関連記事
あわせて読みたい