核兵器廃絶を呼び掛ける「ヒバクシャ国際署名」の集会で、風船を飛ばす参加者=20日午前、長崎市の平和公園

 核兵器禁止条約の署名式が米ニューヨークの国連本部で行われるのに先立ち、世界中で核兵器廃絶を呼び掛ける「ヒバクシャ国際署名」に参加する人々は20日、全ての国が条約に加わることを求めて、長崎市の平和公園で集会を開いた。

 人々は、平和祈念像の前に「すべての国は核兵器禁止条約へ加入せよ!」と書いた横断幕を広げて黙とう。長崎県被爆者手帳友の会の井原東洋一会長(81)は「(署名式を)喜びたいが、核兵器がなくなるまで頑張らないといけない」と訴え、条約に参加しない日本政府を批判した。

関連記事
あわせて読みたい