第139回北信越高校野球福井県大会準々決勝・丹生―坂井 五回裏、丹生・玉村昇悟がホームを狙うも坂井の堅守に阻まれる=20日、福井県の敦賀市総合運動公園野球場

 第139回北信越地区高校野球福井県大会は20日、県内2会場で準々決勝を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第1試合は坂井が丹生を9-2(8回コールド)で破り2年連続で秋季準決勝進出。北信越大会出場権を獲得した。

坂井
080 000 01…9
200 000 00…2
丹生

■坂井 嶋田勘人―石川雅晴
■丹生 玉村昇悟―倉谷勇人

▽本塁打 沢嵜一輝(坂井)

 ⇒トーナメントはこちら

 坂井は2点差で迎えた二回、打者一巡の猛攻を見せた。相手守備の乱れで同点とし、1死満塁から遠藤泰の遊ゴロで逆転。その後も小林寛弥、石川雅晴、帰山賢也が長打で続きこの回一挙8得点。八回には沢嵜一輝が右本塁打を放った。

 先発嶋田勘人は初回に2点を失うも、その後は落ち着いたピッチング。三回には2死満塁のピンチを迎えたが得点を許さなかった。

 丹生は初回、2死一、二塁から玉村昇悟、瀬戸大地の連打で2点を挙げ先行するもその後は打線がつながらなかった。
 

関連記事
あわせて読みたい