ビル倒壊現場で救助に当たる人たち=19日、メキシコ市(AP=共同)

 【ロサンゼルス共同】米地質調査所(USGS)によると、メキシコ中部プエブラ州ラボソで現地時間19日午後1時14分(日本時間20日午前3時14分)ごろ、マグニチュード(M)7・1の地震が発生した。ロイター通信によると、少なくとも149人が死亡。首都メキシコ市の市長は非常事態を宣言した。各地で多くの建物が崩壊し、犠牲者が増える恐れがある。メキシコでは7日にも南部沖でM8・1の地震があり98人が死亡したばかり。

 今回の震源地はメキシコ市の南東約120キロで、震源の深さは約51キロ。広範囲で停電も起きている。

関連記事
あわせて読みたい