大杉康朗さん

吉田宜史さん

 20~25センチのサヨリは敦賀新港で多くて50匹以上。

 【沖合】三国沖、鷹巣沖はジギングでメジロが上がり、タテ釣りでは40~70センチのヒラメ。小浜沖は日によってムラがあるものの、マイカやアオリイカが多い人で25匹。 

越前海岸

 絶好調だったカマスは落ち着き始めた。ジギングサビキやワームで20~35センチが10~40匹。

 アオリイカは雄島など複数のポイントを回って20匹ものにした人も。

 23日には大杉康朗さん(福井市)がカマスの泳がせ釣りで81センチ、77センチのマダイをゲット。

 上向きのグレは鷹巣~大崎や左右~玉川、梅浦~黒崎などで25~46センチ。

福井新港

 15センチ前後のアジが広範囲で好調。

 チヌはパイプラインを中心に8匹前後上がる。サイズは30センチまで。

嶺南

 江良や久々子、勢浜で30~40センチのチヌ。フカセ釣りが最も釣果があり、グレも交じる。

 20~25センチのサヨリは敦賀新港で多くて50匹以上。

 内外海半島方面ではメタルジグの遠投で、朝まずめを中心にサゴシが上がる。

河川

 落ちアユを捕食するスズキが好調。九頭竜川河口では26日、吉田宜史さん(坂井市)が77センチ。
 
 足羽川は木田橋周辺までで40~68センチ、竹田川は国道8号周辺までで40~84センチの釣果。

河川
スズキ
嶺南
グレ
アジ
福井新港
アジ
チヌ
越前海岸
グレ
カマス
関連記事
あわせて読みたい