国連総会の一般討論で演説するトランプ米大統領=19日、ニューヨークの国連本部(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】トランプ米大統領は19日、ニューヨークの国連本部で、就任後初めて国連総会の一般討論演説を行った。核実験などを強行した北朝鮮を世界共通の脅威と非難し、米国が自国や日本など同盟国の防衛を迫られれば「完全に破壊」するしか選択肢がなくなると警告した。横田めぐみさん=失踪当時(13)=を念頭に「13歳の日本人の少女を拉致した」とも述べ、北朝鮮拉致問題にも言及した。

 トランプ氏は北朝鮮に対し、これまでも武力行使を排除しない姿勢を示してきたが、各国首脳が集まる国連総会の場で改めてけん制することで核・ミサイル開発の放棄を強く迫った。

関連記事
あわせて読みたい