自民党の二階俊博幹事長は19日の記者会見で、安倍晋三首相の衆院解散方針を野党側が「森友、加計学園問題の疑惑隠しだ」と批判していることについて「そんな小さな問題を隠すことは考えていない」と反論した。

 同時に「野党がそんなことを言うのは自由だから結構」とも述べた。野党は森友、加計問題を究明するため臨時国会の早期開催を政府、与党に求めていた。

 菅義偉官房長官も会見で、野党の批判を「全く当たらない」と断じ、先の通常国会閉会後も予算委員会などで閉会中審査に応じたと説明して「必要があればこれからも審議する」と述べた。

関連記事
あわせて読みたい