福井県庁=福井市大手3丁目

 来年3月の福井県立高入試で新たに導入される実用英語技能検定(英検)の点数加算制度を巡り、東村健治県教育長は14日の県会一般質問で、同じ外部検定のGTEC(ジーテック)について「今後、課題が解消された段階で活用を検討する」との考えを示した。

 野田富久議員(民進・みらい)が、英検と同程度の外部検定合格者の取り扱いをただしたのに答えた。

 県教委は中学3年生と高校2年生を対象に英検、GTECのいずれか1回の受験料を補助しており、16年度は県内で約7千人の中学3年生がGTECを受験した。

 一方、県立高入試での活用に関しては、異なる受験日に同じ問題が使われるGTECは信頼性、公平性に課題があるとして見送った。

関連記事
あわせて読みたい