敦賀気比―羽水 5回表敦賀気比無死一、三塁、中野樹の適時打で三走中川莉久が生還し2―1と勝ち越す=敦賀市総合運動公園野球場

 【第139回北信越地区高校野球福井県大会2回戦・敦賀気比9-1羽水】

 高い対応能力が敦賀気比打線の武器だ。三回までは相手左腕の内角直球に悩まされ、三者凡退が続いたが、打順が2周目に入った四回以降、一気に活気づいた。

 東哲平監督から「気持ちよく投げさせるな」との指示を受け、右打者は打席の内側ギリギリに立ち、内角に投げにくくした。その結果、甘く入ってきた直球を逃さずに捉え、四回以降10安打。杉森圭輔主将は「しっかり全員で徹底できた」と振り返った。

 次戦は同じ強打の福井工大福井が相手。杉森主将は「どんな相手でもコールドで勝つのが自分たちの目標」と闘志を燃やした。

関連記事
あわせて読みたい