北信越地区高校野球福井県大会の見どころ

 第139回北信越地区高校野球福井県大会第8日は20日、福井県営球場と敦賀市総合運動公園野球場で準々決勝4試合を行う。各試合の勝者が県内で10月に行われる北信越大会の出場権を得る。

 敦賀市総合の第2試合は強豪同士、敦賀気比と福井工大福井が激突する。両校とも1、2回戦はコールド勝ち。敦賀気比は2試合で17得点1失点、福井工大福井は16得点2失点と、投打の充実がうかがえる。

 両校は今夏の福井大会2回戦で対戦し、敦賀気比が終盤の猛攻で5点差をひっくり返す大逆転勝ちを収めた。福井工大福井はリベンジなるか。敦賀気比は再び難敵を退けるか。

 このほかの試合では武生東、金津がそれぞれ勝てば、初の北信越出場となる。

■第8日の日程

▽福井県営球場
北陸―武生東(午前9時)
金津―啓新(午前11時半)

▽敦賀市総合運動公園野球場
丹生―坂井(午前9時)
敦賀気比―福井工大福井(午前11時半)

※時間はいずれも開始予定

関連記事
あわせて読みたい