第139回北信越高校野球福井県大会2回戦・敦賀気比―羽水 7回を投げ9奪三振、1失点に抑えた敦賀気比の高橋丞=19日、福井県の敦賀市総合運動公園野球場

 第139回北信越地区高校野球福井県大会は19日、県内2会場で2回戦を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第2試合は敦賀気比が羽水を9―1(8回コールド)で下し準々決勝へ進出した。

敦賀気比
000 111 24...9
100 000 00...1
羽水

■敦賀気比 高橋丞、西川剣之介―杉森圭輔
■羽水 岩佐京志郎、佐藤義視、岩佐―山内大雅

 ⇒トーナメントはこちら

 敦賀気比は1点を追う四回、杉森圭輔の適時打で同点に追い付くと五回には中野樹の二塁内野安打で逆転に成功。六回以降も着実に得点を重ね2戦連続のコールド勝ちを収めた。

 敦賀気比先発の高橋丞は立ち上がりに1点を失ったが、その後は要所を締め7回を1失点9奪三振だった。八回は西川剣之介が抑えた。

 羽水は一回、2死から山内大雅と佐藤義視の連打で2死一三塁とし藪下育樹が右前に適時打を放ち1点を先制。しかしその後は好機を作るものの得点が奪えなかった。

関連記事
あわせて読みたい