試合前、選手の打撃練習を手伝う広島・東出輝裕コーチ=甲子園

 プロ野球セ・リーグの広島が18日、甲子園球場で行われた阪神戦に3―2で勝ち、2年連続8度目の優勝を決めた。

 兄貴分のコーチとブレーク中の若鯉―。広島の充実した攻撃陣の力を引き出したのは福井県敦賀市の敦賀気比高出身、東出輝裕1軍打撃コーチらによるところが大きい。コーチ陣の指導の下、同校出身で2年目の有望株、西川龍馬内野手が急成長し、飛躍のシーズンとなった。

 「失敗した選手をうまくフォローしている」。OBで野球解説者の横山竜士氏(福井商高出身)は、東出コーチの功績を「試合中の修正」と強調する。凡退した打者にアドバイスを送り、気持ちを切り替えさせているという。

関連記事
あわせて読みたい