第139回北信越高校野球福井県大会2回戦・大野―丹生 サヨナラ勝ちし喜ぶ丹生ナインら=18日、福井県営球場

 第139回北信越高校野球福井県大会は18日、県営球場と敦賀市総合運動公園野球場で2回戦を実施。県営第1試合は丹生が大野を6―5の九回サヨナラで下し準々決勝に進出した。

大野
010 310 000 …5
000 011 202X…6
丹生

■大野 春木捷吾、安川龍一―千歩三晃
■丹生 玉村昇悟―倉谷勇人

 丹生は前半、5点を先行されたが七回までに計4点を返した。九回裏二死の土壇場で、川口駿介と上坂智也が四球で出塁。ともに盗塁を成功させ2死二、三塁とすると来田宗純が右前にサヨナラとなる2点適時打を放った。

 大野は二回に石上漱大が右前適時打を放ち先制。4回と5回に加点し先行するも終盤、打線がつながらず計12安打を放ったが追加点を奪えなかった。

 丹生は20日(予定)、敦賀市総合運動公園野球場で坂井と準々決勝を戦う。

関連記事
あわせて読みたい