列車の運休で人影がまばらとなったJR福井駅西口=17日、福井市

 気象庁によると大型の台風18号は、17日夜遅くから18日未明にかけて、暴風域を伴って福井県に最も接近する見込みとなっている。暴風や土砂災害、低い土地の浸水や河川の増水に警戒を呼び掛けている。

 台風18号は、17日午後8時45分現在、香川県高松市の南東約30キロを1時間におよそ45キロの速さで北東へ進んでいる。中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで中心の南東側190キロ以内と北西側130キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。また、中心から半径500キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 17日から18日にかけて予想される福井県の1時間降水量は、多い所で、嶺北60ミリ、嶺南60ミリ。18日午後6時までに予想される24時間降水量は、多い所で、嶺北150ミリ、嶺南150ミリとなっている。

 福井地方気象台は17日午後11時20分までに嶺北、嶺南に竜巻注意情報を出した。この情報は、18日午前0時30分まで有効。

 同気象台は17日午後10時までに福井市、坂井市、永平寺町、越前町、鯖江市、越前市、大野市、勝山市、敦賀市、小浜市、高浜町の11市町に大雨警報を、奥越を除く15市町に暴風警報を出している。

 また永平寺町、美浜町、おおい町、高浜町は「避難準備・高齢者等避難開始」を発令、高齢者や障害者らの早期避難を促している。

 JR西日本によると17日は午後9時40分までに、特急33本、普通列車31本が運休になった。18日も大雨や強風が見込まれるため特急しらさぎ、サンダーバード、ダイナスターは朝の計5本の運転を取り止める。小浜線も18日始発から5本が運休となる。また越美北線は18日始発から福井から九頭竜湖まで運転取り止めとなる可能性がある。

関連記事
あわせて読みたい