羽水―福井商業 後半、ゴール前の混戦で福井商業の武瀬龍哉(手前左)が決め、2―0とする=16日、福井市の科学技術高

 サッカーの第96回全国高校選手権福井県大会は16日、福井市の科学技術高などで開幕し、1回戦11試合を行った。前回準優勝の福井商業は羽水を4―0で破り、2回戦に進んだ。次戦は前回優勝の北陸と対戦する。

 ⇒トーナメントはこちら

 福井ユースリーグ1部3位の福井工大福井は三国を7―1で下した。2回戦で第1シードの丸岡と戦う。

 このほか福井高専、金津、鯖江、藤島、武生、敦賀気比、坂井、足羽、武生工業が初戦を突破した。

 18日の2回戦からシード校が登場し8強が決まる。23日に準々決勝、10月29日に準決勝を坂井市の丸岡スポーツランドで行う。決勝は11月5日に同市のテクノポート福井スタジアムである。

関連記事
あわせて読みたい