鈴木朋典さん

 九頭竜川河口にイワシが大量接岸しており、スズキが好調。

 【沖合】三国、鷹巣沖などでハマチ、ヒラマサ。小浜沖は40~50センチのサバが上々。
 

越前海岸

 30センチ前後のカマス、15~20センチのアジが居倉や白浜などの漁港を中心に好調。小型ワームやサビキを使って3桁ものにする人も珍しくない。

 雄島ではカゴ釣りでシオ(カンパチの幼魚)やフクラギ、ヒラマサ。グレは鷹巣~大崎などで朝夕まずめ中心に30センチ超。
 
 アオリイカはサイズこそ胴長20センチオーバーだが、釣果自体は渋い。マダイはカマスの泳がせ釣りで成果を上げる人が目立つ。

福井新港

 一帯でアジが絶好調。サッカー場下、パイプライン、北防、第2排水口などで30センチ以上が交じる。

 小型のチヌも依然としてパイプラインや北防で上がる。

嶺南

 チヌは元比田、勢浜で20~46センチ。

 アジは内外海半島の漁港や高浜町内などで20センチ級がワームを使って続々釣れる。

 サヨリは敦賀新港、小浜新港で好調が続く。

河川

 九頭竜川河口にイワシが大量接岸しており、スズキが好調。1日には県外の釣り客が93センチをものにした。同川中流域では鈴木朋典さん(福井市)が82センチをゲット。

 各河川とも中流域までで40~80センチの釣果があり、ルアーはフローティングミノーやシンキングペンシル、バイブレーションが有効という。

河川
スズキ
嶺南
サヨリ
アジ
福井新港
アジ
チヌ
越前海岸
グレ
カマス
関連記事
あわせて読みたい