台風18号の予報経路図(16日午前10時現在)気象庁HPより

 大型で強い台風18号は16日午前、東シナ海を北東に進んでいる。九州南部では非常に激しい雨が降り始めており、午後には九州から東海の太平洋側を中心に広い範囲で大荒れの天気となりそうだ。福井地方気象台によると、17日夕方から18日明け方にかけて、福井県に接近するため、大荒れや大しけとなるおそれがある。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水、暴風、高波、高潮に警戒を呼び掛けている。
  
 17日午前6時までの24時間降水量は、多い所で、嶺北70ミリ、嶺南70ミリ。

 17日午前6時から18日午前6時までの24時間降水量は、多い所で、福井県100~200ミリ。その後も台風の接近に伴い雨が強まり、総降水量はさらに増えると予想される。

 17日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、嶺北で陸上18メートル(30メートル)、海上25メートル(35メートル)、嶺南で陸上20メートル(35メートル)、海上25メートル(35メートル)。

 17日に予想される波の高さは、嶺北4メートル、嶺南4メートル。18日は、さらに風が強まり、大しけとなるおそれがある。

関連記事
あわせて読みたい