台風18号予報経路図(15日午後6時現在)気象庁HPより

 非常に強い台風18号は、17日から18日にかけ福井県内に最接近し、大気の状態が非常に不安定になり、両日にかけて雷を伴う激しい雨が降る恐れがある。福井地方気象台は早めに防災態勢を取るよう呼び掛けている。

 16日午後6時までの24時間予想雨量は嶺北、嶺南とも30ミリ、17日午後6時までの24時間は50~100ミリ。同気象台の担当者は「台風の接近に伴い、17日夕以降はさらに雨量が増える可能性がある」としている。付近の海上では秒速25メートル、陸上でも秒速20メートルの非常に強い風が吹く見通し。

 県は15日夕、台風18号の接近に備えて各部局や県警、同気象台の連絡調整会議を県庁で開いた。台風の接近、雨のピークが夜間になる場合が予想されるため、市町や関係団体と連携し、施設入所者や在宅の要配慮者への確実な情報伝達、避難準備・高齢者等避難開始の発令、避難所開設などの早めの対応を確認した。

関連記事