北朝鮮ミサイルは北海道上空を通過し、襟裳岬の東約2200キロの太平洋上に落下。

北朝鮮がミサイルを発射したことを伝えるJアラートの画面=15日午前7時2分、東京都港区

 北朝鮮は日本時間15日午前6時57分ごろ、首都平壌から弾道ミサイル1発を東北東方向に発射した。政府によると、北海道上空を通過、襟裳岬の東約2200キロの太平洋に落下し、飛行距離は過去最長の約3700キロに達した。小野寺五典防衛相は中距離弾道ミサイル「火星12」の可能性があるとし、米領グアムに届く射程を実証したとの見方を示した。政府は全国瞬時警報システム(Jアラート)を通じ12道県で避難を呼び掛けた。国連安全保障理事会は15日午後(日本時間16日未明)に緊急会合を開く。

 北朝鮮は3日に6回目の核実験を強行、安保理は11日、新たな制裁決議を採択したばかり。北朝鮮は核・ミサイル開発を続ける強硬姿勢を鮮明にした。安倍晋三首相は「再びの暴挙で断じて容認できない」と非難した。

 北朝鮮ミサイルの日本上空通過は6回目で、8月29日に火星12を太平洋に発射して以来。この際は約2700キロ飛行し、今回は約1千キロ延びた。

 日本への落下物は確認されておらず、航空機や船舶の被害報告はない。自衛隊法に基づく破壊措置の実施はなかった。

 米軍の要衝グアムは平壌から約3400キロ。小野寺氏は記者団に「グアムに十分届く飛翔(ひしょう)距離が出た」と述べた。防衛省は、火星12は最大射程5千キロと分析している。

 河野太郎外相と小野寺氏は15日、それぞれティラーソン米国務長官、マティス国防長官と電話会談し、北朝鮮に対し「目に見える形」で圧力を強化する方針を確認した。

 政府や韓国軍によると、最大高度は約800キロ。平壌の順安地域付近から発射され、午前7時4分から同6分ごろに北海道上空を通過し、同16分ごろ落下した。北朝鮮は大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」の開発も進めており、日米は分析を急ぐ。

 北朝鮮は8月上旬、グアム沖への火星12発射計画検討を表明。金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は同月29日の火星12発射後、太平洋を目標に弾道ミサイル発射訓練を頻繁に行うよう指示していた。9月3日にはICBM搭載用の水爆実験とする核実験を実施。新たな安保理制裁決議は北朝鮮への石油供給制限に初めて踏み込み、北朝鮮外務省は「全面的に排撃する」と反発していた。(共同)

関連記事
あわせて読みたい