14日午後8時ごろ、北九州市小倉南区のJR下曽根駅周辺で「発砲音のような音が数回聞こえた」と通行人らから110番があった。小倉南署によると、通報した一人は高校生で、「50〜60代の男に数メートル先から何かを向けられ音が5、6回した」と話している。署はいたずらの可能性もあるとみて調べる。

 高校生は他の複数の仲間と自転車で帰宅中で、けが人はいなかった。弾痕などは見つかっていない。署は威力業務妨害などの疑いも視野に男の特定を進めている。

 現場は、北九州市役所から南東約8キロの住宅街。

関連記事
あわせて読みたい