「ジーユー」のタブレット端末付きの電子カートを紹介する店員=14日、横浜市都筑区

 ファーストリテイリングの低価格ブランド「ジーユー」は14日、タブレット端末付きの電子カートなどデジタル技術を駆使した横浜市都筑区の大型店を報道陣向けに公開した。商品や着こなしを来店客に紹介しやすくする。食品スーパーなども同様の試みを進めており、店舗内で消費者の購買意欲を高める工夫を競っている。

 カートの端末に商品のICタグをかざすと、商品情報や購入者の評価などが画面で見られる。大きさや色違いの在庫も確認できる。鏡のように写す表示装置「オシャレナビ・ミラー」もあり、タグをかざすとさまざまな情報が得られる。開店は15日の予定だ。

関連記事
あわせて読みたい