第139回北信越高校野球福井県大会1回戦・羽水―足羽 九回裏羽水1死二塁、佐藤義視の適時右前打でサヨナラのホームを踏む三上一聖=11日、福井フェニックススタジアム

 第139回北信越高校野球福井県大会は11日、福井フェニックススタジアムで1回戦2試合を実施。第2試合は羽水が足羽を5―4の9回サヨナラで下し2回戦に進出した。

足羽
000 000 103…4
000 102 101x…5
羽水

■足羽 竹内優輝、石田幸太郎―加藤舜人、嶋田洋明
■羽水 佐藤義視、岩佐京志郎―山内大雅

 羽水は四回、山内大雅と佐藤義視のヒットなどで1死二、三塁とすると清水勇が左犠飛を打ち先制した。九回、同点に追い付かれたもののその裏、1死二塁のチャンスで佐藤がサヨナラの適時右前打を放ち試合を決めた。

 先発した佐藤は6回まで無失点で抑える好投を見せた。

 足羽は3点差で迎えた九回、相手の守備の乱れや大良拓夢の適時左前打などで同点に追い付いたが、あと一歩及ばなかった。

 羽水は17日、敦賀市総合運動公園野球場で敦賀気比と2回戦を戦う予定。

関連記事
あわせて読みたい