第139回北信越高校野球福井県大会1回戦・敦賀気比ー武生商業 二回一死、レフトスタンドに先制本塁打を放った中野樹=11日、福井フェニックススタジアム

 第139回北信越高校野球福井県大会は11日、福井フェニックススタジアムで1回戦を実施。第1試合は敦賀気比が武生商業を8―0(7回コールド)で下し2回戦に進出した。

武生商業
000 000 0...0
013 220 x...8
敦賀気比

■武生商業 中川凌―高橋歩夢
■敦賀気比 高橋丞、西川剣之介、森勇貴―杉森圭輔

▽本塁打 中野樹(敦賀気比)

 敦賀気比は二回、中野樹がレフトスタンドに本塁打を放ち先制した。三回、無死満塁のチャンスで高橋丞が適時右前打を放つなどし3点を追加。続く四、五回にも加点、計11安打を放ち快勝した。先発した左腕の高橋丞は三回まで毎回ランナーを背負うも要所を締める投球をみせ、五回まで武生商業打線を封じた。

 武生商業は初回、中野快晴や中川凌のヒットで2死満塁の好機を迎えるも後が続かなかった。

関連記事
あわせて読みたい