第139回北信越高校野球福井県大会1回戦・敦賀―鯖江 敦賀3番手の田邉愛斗=10日、福井県敦賀市総合運動公園野球場

 第139回北信越地区高校野球福井県大会は10日、福井県敦賀市総合運動公園野球場で1回戦を実施。第2試合は夏準優勝の敦賀が鯖江を8―3で振り切り2回戦に進出した。

鯖江
000 110 100…3
311 010 11X…8
敦賀

■鯖江 牛若佑征、土田昂樹、酒井奎佑―坂本竜三郎
■敦賀 光原智樹、田邉央芽、田邉愛斗―神田大志

 敦賀は初回、2死満塁から光原智樹の適時二塁打で2点、続く神田大志の中前打でさらに1点を奪った。二、三回にも1点ずつを挙げリードを広げた。追い上げられたが、五、七、八回に1点ずつ追加し試合の流れを渡さなかった。

 投手陣は3人が継投。五回、無死満塁で登板した3番手の田邉愛斗は、最後まで投げ切り失点は1だった。

 序盤に失点を許し苦しい展開だった鯖江は、中盤以降小刻みに反撃したが、追いつくことはできなかった。

関連記事
あわせて読みたい