記者会見する桐生祥秀選手=9日、福井県営陸上競技場

 男子100メートル決勝で9秒98を記録した桐生祥秀(東洋大)がレース後に会見し、日本人初の9秒台を樹立したレースやこれまでの歩みについて語った。

 ―今の気持ちを

 9秒台を出せたことは、うれしい気持ちでいっぱい。大学生最後として東洋大のユニホームで100メートルを走って、9秒台が出た。4年間くすぶっていた自己ベストを更新できて本当に良かったです。

 まだなんか実感がなくて、夜一人になったときにもっと今より実感するのかな。やっと世界のスタートラインに立てたという感じ。ここから先、もっとタイムが上がるように練習していきたい。

 ―決勝にどう臨んだ

 予選、準決勝でちょっと足に不安もあった。でもスタートラインに立つなら、万全な気持ちでもちろん優勝を狙っていた。自分の足を信じて、肉離れしたら仕方ないっていう感じだった。

 前半は捨てて中盤から後半で行こうと思っていた。今回、多田君というライバルがいて、自分の前に出られても落ち着いてしっかりレースできたっていうのは大きい。必死にスタートを切って、フィニッシュしたら僕が前にいた。そのときは9秒台というよりは、優勝できて良かったと思った。

 ―ゴールして

 (前日本記録保持者の)伊東浩司さんの(9秒99が10秒00に修正された)映像を見ていたので、10秒00になるのが頭をよぎった。9秒98になってテンション上がりました。

 大学4年間、良い時も悪い時もあった。怒ってくれる人が身近にいて、いままでやってこれたと思う。コーチの目の前で記録を出せて、僕自身、記録でしか恩返しできないと思っていた。

 ただ、9秒台は通過点。世界のファイナリストになろうと思うと、持ちタイム9秒台が普通になる。

 ―福井の会場はどうだった

 レース前に競技場を見たら、2階の上まで人がぎっしり入って、こういうのってあんまりないなって思った。福井県の人もすごい盛り上げていてくれた。お客さんがたくさんいる前で、フィニッシュした後にすごい歓声で、そこの記憶が大きいですね。初めてここで走ったんですけど、雰囲気がすごく楽しかった。

 ここから先、何年たっても9月9日は忘れないと思う。これから違うところでどんどん記録は出していきたいが今日、福井県で出したというのはもちろん記憶に残ります。

関連記事
あわせて読みたい