第139回北信越高校野球福井県大会1回戦・大野―敦賀工業 七回表、中越え適時三塁打を放った大野・千歩三晃=9日、敦賀市総合運動公園野球場

 第139回北信越地区高校野球福井県大会は9日、県内2会場で1回戦を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第2試合は大野が8―3で敦賀工業を破り、2回戦へ進出した。

大野
011 020 130…8
200 000 100…3
敦賀工業

■大野 春木捷吾、安川龍一―千歩三晃
■敦賀工業 北野恭吾、藤田翔矢、道端一翔―吉田健心

 大野は2点を追う二回、相手守備の乱れで1点をもぎ取ると、続く三回には2死一塁の場面で齊藤元弥が右中間適時三塁打を放ち、同点に追い付いた。五回には1死一、三塁の好機に千歩三晃の右前適時打で勝ち越しに成功した。

 先発春木捷吾は初回に2点を失うも、その後は粘り強く投げた。八回から投げた2番手の安川龍一は敦賀工業打線に得点を許さず、試合を締めくくった。

 敦賀工業は初回に相手守備の乱れと道端一翔の左越え適時三塁打で2点をリードしたが、その後打線がつながらず。力投する投手陣を援護することができなかった。

関連記事