第139回北信越高校野球福井県大会1回戦・福井高専―金津 延長十回表、勝ち越しのホームを踏む金津の安岡倫宏=9日、福井市の福井フェニックススタジアム

 第139回北信越地区高校野球福井県大会は9日、県内2会場で1回戦を実施。福井市の福井フェニックススタジアム第2試合は、金津が福井高専を4―3で下し、2回戦へ進出した。

金津
100 010 100 1…4
001 000 200 0…3
福井高専

■金津 斉川隼大、田中彰馬、石丸結大―高桑篤耶
■福井高専 服部雅大、坂東海斗―藤田悠生

 3―3で迎えた延長十回、金津は左翼線安打で出塁した安岡倫宏が、続く山川真の中前適時打で決勝のホームを踏んだ。

 七回途中から登板した石丸結大は九回、無死二塁、一打サヨナラのピンチを2連続三振などで打ち取った。十回も2死一、二塁とされたが、最後の打者を内野ゴロに仕留めた。

 福井高専は三回、朝倉龍司の左中間を破る三塁打で1―1の同点とした。七回には無死満塁から、朝倉の右前打などで2点を奪って再び試合を振り出しに戻した。九回は先頭の柿原悠登が右中間二塁打で出塁したが、あと一本がでなかった。

関連記事
あわせて読みたい