第139回北信越高校野球福井県大会1回戦・丹南―武生東 丹南を5回コールドで下した武生東ナイン=9日、福井市の福井フェニックススタジアム

 第139回北信越地区高校野球福井県大会は9日、県内2会場で1回戦を実施。福井市の福井フェニックススタジアム第1試合は、武生東が丹南を10―0(5回コールド)で下し2回戦へ進出した。

丹南
000 00…0
530 2x…10
武生東

■丹南 河合悟志、梅田凌―外山空
■武生東 谷口健人―辻隆誠

 武生東は初回一挙5点を奪った。犠飛で1点を先制。さらに1死満塁で山口塔知郎が中前適時二塁打を放つと、送球が乱れる間に山口も含め4者が本塁へ生還した。

 二回は山内晴登の中越え二塁打などで好機をつくり、辻隆誠の遊撃強襲適時打などで3点を追加。四回には西野太陽の適時三塁打などで2点を加えた。

 丹南打線は、武生東先発の谷口健人に1安打に抑えられた。守備の乱れもあって、リズムに乗れなかった。

 勝った武生東は16日、敦賀市総合運動公園野球場の第2試合で武生と対戦する。

関連記事
あわせて読みたい