付属の葉っぱステッカーを貼り付け、子どもと一緒に木も成長する趣向になっている

キッズデザイン賞を受賞した「木の身長計ウォールステッカー」(エムディエス提供)

 エムディエス(本社福井県鯖江市有定町、田辺一雄社長)が製造販売する「木の身長計ウォールステッカー」が、NPO法人キッズデザイン協議会主催の第11回キッズデザイン賞に選ばれた。

 3部門あり、同社は安全で楽しく育児に取り組める工夫がある製品やサービスを選ぶ「子どもたちを産み育てやすいデザイン部門」に入った。

 受賞作は単に身長を計るだけでなく、付属の葉っぱのステッカーに日付や身長が記録でき、1枚ずつ芽吹くようなデザイン。傷を付けずにはがせるステッカーで、新築や賃貸住宅に住む子育て世代に人気で、帰省先の実家へのプレゼントの需要も多いという。

 同社はパソコンのデータ復旧を主力とするが、4年前から始めたステッカー事業は190種を取り扱い、売上高の半分を占めるまでになった。今回の受賞作はここ3年で3千枚を売り上げている。担当の橋谷愛さんは「子どもと一緒に身長計の“木”も成長する楽しみがあり、家の記念樹になる。家族とのコミュニケーションを深めるきっかけになればうれしい」と話している。

 価格は税別3990円から。160センチ、200センチタイプがあり、目盛りの変更や名入れにも対応する。通販サイト「ハッピーステッカー」(https://www.happy|sticker.net/)などで取り扱う。問い合わせは同社=電話0778(51)9800。

関連記事
あわせて読みたい