スイス・チューリヒにあるFIFA本部のロゴ(AP=共同)

 国際サッカー連盟(FIFA)は昨年11月に行われたワールドカップ(W杯)アフリカ最終予選D組の南アフリカ―セネガルでジョセフ・ランプティ審判員(ガーナ)が不正に試合に影響を与えたとして永久資格停止となったことを受け、再試合を命じたと6日発表した。11月中に行われる。

 昨年の試合は南アフリカが2―1で勝利。アフリカ・サッカー連盟によると、この審判員が南アフリカに不適切なPKを与えた。(ロイター=共同)

関連記事