南部和宣さん(福井市)の魚拓

橋本哲和さん(鯖江市)

 九頭竜川は“サクラマスフィーバー”の様相。

 嶺南では筏(いかだ)でチヌが上がり始めた。

越前海岸

 ヤリイカは茱崎、小樟で胴長20~30センチがまずまず。

 ソフトルアーで狙うメバルは鉾島、玉川、城ケ谷で20センチオーバーが数匹。

 グレは鷹巣で42センチ。

 サゴシは日によってムラがあるが、雄島や三国突堤で釣果。

 今後水温が上昇すれば、フクラギやメジロにも期待できる。

 チヌは鉾島、大崎、梅浦で40~48センチ。

福井新港

 サッカー場下で30~45センチの尺アジが1~5匹。

 外海側ではイナダ、サゴシ。

 消波ブロックの穴釣りでカサゴ、アイナメ、ソイ。

 チヌは30センチ級がパイプライン、南水路で2、3匹。

嶺南

 仏谷の筏や音海、白木、立石の磯で40センチクラスのチヌ。

 敦賀新港では投げサビキで20~30センチのアジ。高浜漁港でも上がっている。

河川

 サクラマスは午前中の釣果が多く、九頭竜川は天池橋より上流が好調。7日には橋本哲和さん(鯖江市)が58センチの良型を釣り上げた。日野川、足羽川でも狙える。

 また、6日には芦見川で南部和宣さん(福井市)が42、43センチのイワナをものにした。

 スズキは九頭竜川河口を中心に、青虫のブッコミ釣りでぽつぽつ上がる。

河川
サクラマス
嶺南
チヌ
アジ
福井新港
チヌ
アジ
越前海岸
ヤリイカ
関連記事
あわせて読みたい