敦賀港に初寄港した外国大型クルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」=2日、福井県敦賀市の同港上空から(日本空撮・小型無人機ドローンで撮影)

 米プリンセス・クルーズ社の大型クルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」が2日、福井県敦賀市の敦賀港に初寄港し、多くの外国人乗客らが同日開幕した敦賀まつりなどの市街観光を堪能した。岸壁には豪華客船の外観を一目見ようと大勢の観光客が訪れた。

 外国客船の県内寄港は初めて。全長290メートル、海上からの高さ54メートルの白い巨大客船は、午前7時までに同港鞠山北地区の岸壁にゆっくりと接岸した。

 乗客約2700人のうち外国人客はオーストラリア、米国人など2千人超。県内観光地を巡るオプショナルツアーや市街観光に向かう乗客が続々と降りると、出迎えた海洋少年団の子どもたちとボランティアが「グッモーニング」と笑顔で記念品を渡した。

 市街は散策する外国人客が目立ち国際色豊かな雰囲気に。敦賀まつりは寄港に合わせ、山車の屋外展示と「宵山」のお稚児舞踊を披露。外国人客は法被を着て山車前で記念撮影するなど、祭りを楽しんだ。市きらめきみなと館では「おもてなしフェア」が開かれ、甲冑(かっちゅう)や浴衣の着付け体験に長蛇の列ができた。

関連記事
あわせて読みたい