山や川を遊び場に自然を満喫する「ファミリーフェスティバル in HATAKE」が二日、福井市東天田で開かれた。子どもたちは山で”秘密基地”をつくったり、川で泳いだりと楽しいひとときを過ごした。


 自然体験を通して古里の素晴らしさを感じてもらおうと、県内有志でつくる「楽キッズ放課後楽校」が実施。児童や園児三十二人が参加した。


 山では高床の家づくりに挑戦。林立するスギを柱に、力を合わせて竹を組んでいった。周りの雑草の葉で屋根を付けて完成させると、汗まみれの笑顔を見せていた。


 足羽川では、ゴムタイヤに乗って川下りをしたり、ライフジャケットを着て川の流れに乗って泳いだりして楽しんだ。啓蒙小四年の男子児童は「いつも放課後はテレビゲームをしているけど、山で遊ぶのも楽しい。また来たい」と話していた。