石川―福井 四回福井、無死、大松陽平が右越えに勝ち越しソロを放つ=31日、金沢市民野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは8月31日、金沢市民野球場で石川ミリオンスターズと戦い、11―3で勝利した。後期通算12勝18敗2分けで、順位は西地区4位のまま。残りは4試合。次戦は2日、長野県の小諸市南城公園野球場で信濃グランセローズと対戦する。

福井
100 310 330...11
001 002 000...3
石川

 【評】福井は中軸の3本塁打を含む13安打で11点を奪い快勝。連敗を4で止めた。

 打線は1―1の四回、大松陽平の8号ソロで勝ち越し。2死から松本友、栗田茂樹、片山雄哉の3連打でさらに2点を追加した。七回は浜崎裕太の2ランなどで3点を加点。八回には大松が左翼席に3ランを放ち、突き放した。

 先発浜岡秀輔は5回1失点で4勝目をマーク。復帰した浜田俊之が六、七回を2失点でまとめ、八回からはイム・テフン、藤岡雅俊の継投で無失点に抑えた。

関連記事
あわせて読みたい