2016年3月のアフガニスタン戦で、W杯予選初出場を果たし無失点に抑えたGK東口順昭選手=埼玉スタジアム

 「日本の守護神と言えば東♪」。福井市のレゲエ歌手、Sing J Roy(シング・ジェイ・ロイ)さん(43)が、福井工大出身のサッカー日本代表ゴールキーパー東口順昭選手(31)=G大阪=の応援ソングを制作した。東口選手の元チームメートらが応援メッセージを送る様子に歌を乗せた映像を動画サイト「You Tube」にアップ。勝てば6大会連続のワールドカップ(W杯)本大会出場が決まるオーストラリア戦を31日に控え、東口選手は闘志を燃やしているという。

 G大阪ジュニアユース、洛南高(京都市)、福井工大とずっとチームメートだった京都市の田中大陸さん(31)が発案した。「福井工大出身ということがあまり知られていない。知ってもらうために応援ソングを」と思い立った。

 中、高、大学時代のチームメートら約50人の賛同者を集めた上で、Royさんに協力を頼んだ。制作費は賛同者から募った。

 Royさんが連絡を受けたのは8月21日。31日のアジア最終予選まで10日しかない中、チームメートらの思いを歌詞に込め、約1分40秒の曲を作り上げた。

 タイトルは「H.I.G.A.S.H.I/Sing J Roy with Bestie Massive」。歌詞は「子どもにも分かるように心掛けた」といい、「福井工大でスカウトされる」「とにかく東は努力家なんです」「どんなシュートでも止めるさ東」など小気味よく熱唱。映像ではチームメートらが次々登場し、「東口ブチかませ」「世界の舞台でヒガシが見たい」などメッセージボードでエールを送っている。

 G大阪の熱烈なサポーターでお笑いタレントのたむらけんじさんも、スペシャルゲストとして登場している。

関連記事
あわせて読みたい