生鮮食品も取り扱うゲンキー東古市店=6月、福井県永平寺町

 ゲンキー(本社福井県坂井市、藤永賢一社長)は29日、9月7日に開店する定林寺店(岐阜県土岐市)が、同社のドラッグストアとして200店目になると発表した。200店達成を記念し、9月23、24日に全店舗で健康・美容関連商品購入時のポイント付与が10倍になるセールを実施する。

 同社は1988年に福井市に1号店をオープンした。現在の県別の店舗数は、福井51、石川16、岐阜91、愛知41で、近年は岐阜、愛知での出店数を大幅に増やしている。2015年からは売り場面積300坪タイプの「NEWレギュラー店」(R店)の出店を始めた。

 今年6月からは、一部店舗で青果や精肉など生鮮食品の販売を開始した。全店舗に拡大する計画で、さらなるシェア拡大を目指している。

 同社の担当者は「200店は通過点ととらえている。中部エリアで千店舗体制を築くという目標に向けてまい進したい」と話している。

関連記事