ミサイル発射の情報が表示された各放送局のテレビ画面=29日早朝

 政府によると、北朝鮮は日本時間の29日午前5時58分、弾道ミサイルを北東方向に発射した。ミサイルは6時6分ごろ北海道・襟裳岬上空を通過、12分ごろ、襟裳岬の東1180キロの太平洋上に落下した。韓国軍合同参謀本部によると、ミサイルは北朝鮮の首都平壌の順安区域付近から発射され、約2700キロ飛行した。日本政府は北朝鮮に厳重抗議。菅義偉官房長官は記者会見で「これまでにない深刻かつ重大な脅威だ」と非難した。日米韓の防衛当局が分析を急いでいる。

 福井県危機対策・防災課は同日、国や県内市町、関係機関から情報を収集。県内の原発や漁船などに被害がなかったことを確認した。

 ⇒Web号外を発行しました。

関連記事
あわせて読みたい