富山新庄クラブ―サウルコス福井 後半2分、サウルコスの松尾篤がハットトリックを決め4―0とする=27日、富山市の岩瀬スポーツ公園(上田進一さん提供)

 サッカー北信越リーグ1部は27日、各地で第11節4試合が行われ、首位のサウルコス福井は7位の富山新庄クラブに9―0で大勝し、1分けを挟んで10連勝。サウルコスはFW松尾篤の連続ゴールを皮切りに前半を3―0で折り返す。後半も松尾、FW山田雄太らが積極的にゴールを奪った。

 5位の坂井フェニックスは2位のアルティスタ東御(長野)に0―7で敗れた。守備を固め、前半を0―0で折り返したが後半19分に先制されると一気に崩された。

 次節は9月3日、サウルコスは3位のJAPANサッカーカレッジ(新潟)と、坂井は6位の’09経大FC(同)といずれも敵地で対戦する。

関連記事
あわせて読みたい