ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは27日、滋賀県の守山市民球場で滋賀ユナイテッドと戦い、1-4で敗れ今季ワーストの4連敗を喫した。後期通算11勝18敗2分けとなり、順位は西地区4位のまま。残りは5試合。次戦は31日、金沢市民野球場で石川ミリオンスターズと対戦する。

福井
010 000 000…1
101 020 00x…4
滋賀

 【評】福井は打線が3安打1得点と鳴りをひそめた。先発岩本輝が6回途中4失点で8敗目を喫した。

 岩本は一回、先頭泉祐介の中前打から2死三塁とされ、適時二塁打で先制点を献上。1―1の三回には、2死から失策と安打で一、三塁となり、中前打で勝ち越しを許した。さらに、五回は前本飛翔に適時打、ケビン・モスキートに犠飛を浴び、2失点した。

 打線は二回、大松陽平、松本友の連打と犠打で1死二、三塁とし浜崎裕太の中犠飛で同点。三回以降は甲川稔の1安打に沈み反撃できなかった。

関連記事
あわせて読みたい